※当サイトはプロモーションが含まれています

「津波」は英語でなぜTSUNAMI?tidal waveとの違いなど例文解説

津波 英語 tidal wave tsunami 違い 大津波 津波警報 読み方 例文

津波」は、日本にとって深刻な災害リスクです。地震大国として知られる日本は、その地理的条件から津波の影響を受けやすく、この災害に対する備えが欠かせません。

今回の記事では、「津波」の英語表現や類似表現tidal waveとの違い、「津波警報」など関連表現を使った災害時の英語例文を紹介します。

津波という災害に関する英語表現を学び、災害時の国際的なコミュニケーションをスムーズに行えるようになりましょう。

「津波」を英語で言うと?

津波 英語 tidal wave tsunami 違い 大津波 津波警報 読み方 例文

「津波」の英語表現(英訳)は、Tsunamiです。
日本語である「津波」のローマ字表記がそのまま英単語になっています。「寿司=Sushi」のように日本語がそのまま英語になったパターンですね。

Tsunamiの読み方をカタカナで表しても「ツナミ」とそのままです。ただし、日本語では「つなみ」とつなげて発音しますが、英語では、tsu-nami(ツ・ナミ)のように2つの音を分離して発音します。

なお、Tsunamiは、可算名詞(数えられる名詞)です。a tsunamiで一つの津波を指し、複数形tsunamisは複数の津波を指します。
 
>>plenty ofの意味と使い方|可算・不可算名詞やa lot ofとの違いなど例文解説

世界共通語としての津波

実は「津波」を表す英語表現としては、もともと「tidal wave」という語が使われていました。
では、なぜ、いつから、日本語の「津波」がTsunamiとしてそのまま英語表現になったのでしょうか?

Tsunamiが世界共通語になった理由は、1946年に起きたアリューシャン地震が原因でハワイで大津波が発生し、その際に日系移民が「津波(Tsunami)」という言葉を多用したことからです。

この言葉はその後、被害を受けて設置された太平洋津波警報センター (Pacific Tsunami Warning Center)で使われ、アメリカで広く用いられるようになりました。

そして、1968年にアメリカの海洋学者であるウィリアム・G・ヴァン・ドーンがTsunami」を学術用語として使うことを提案し、それが国際語となりました。

さらに、2004年のスマトラ沖地震による津波が激甚な被害をもたらし、そのニュースが世界中に放送されたことで一気に広まり、各国の言葉でTsunamiが一般語に。今ではTsunamiが広く一般的に使われています。

津波とtidal waveの違い

TsunamiTidal waveは、それぞれ異なる自然現象を指す科学的な用語です。

Tidal waveは日本語で「潮汐波(ちょうせきは)」と言われています。これは太陽や月の重力によって引き起こされる波を指します。つまり、Tidal waveは天文現象によるものであり、定期的に起こるのが特徴です。

一方、Tsunamiは地震や火山の活動によって、水中で大きな変位が生じた結果発生する一連の波。つまり、これら2つは原因と発生のメカニズムが異なり、違った現象を指します。

前述の通り、Tidal waveはかつて「津波」を指すために使われていました。しかし、実際には津波とは大きく異なる現象を指す用語です。そのため、今では「Tidal wave」を地震による波に使うことは学問的にふさわしくないとされています。

このように、Tidal waveTsunamiは異なる現象を指します。用語の使用には注意しましょう!
 
>>枝豆は英語でEdamame|複数形の言い方&枝豆の食べ方を英語で説明

津波(Tsunami)を使った例文

津波 英語 tidal wave tsunami 違い 大津波 津波警報 読み方 例文

ここでは、Tsunamiを使った英語例文を紹介します。Tsunami関連の話題を英語で話せるようになることで、防災関連の国際コミュニケーションに役立ちますよ!

昨年、日本は津波により大きな被害を受けました。
Last year, Japan suffered significant damage due to tsunamis.

津波が押し寄せ、その後沿岸の街には壊滅的な光景が広がっていました。
The coastal town was devastated as a tsunami struck, leaving destruction in its wake.

大津波の警告が出され、住民たちは避難しました。
Residents were evacuated following a warning of a major tsunami.

大津波は英語で、major tsunamimassive tsunamiと表現できます。

津波は信じられない力で海岸線に到達し、その進路にあるすべてを一掃しました。
The tsunami reached the coastline with incredible force, sweeping away everything in its path.

沿岸地域に津波警報が発令されました。住民は即座に高台に避難するようにとの勧告があります。
A tsunami warning has been issued for the coastal areas. Residents are advised to move to higher ground immediately.

津波警報は英語で、tsunami warningと言います。

専門家は、数時間以内に大津波が到達する可能性を予測しています。
Experts are predicting the possibility of a tsunami reaching within the next few hours.

 
>>evacuate(エバキュエイト)の意味は?災害時に役立つ使い方を例文解説

「津波」を英語で説明しよう!

津波が身近な災害である日本とは異なり、地震や津波と縁が遠い外国の人も多くいます。そういった人たちに、津波とは何かを分かりやすく説明してみましょう。

津波は地震によって引き起こされる大きな海の波です。
A tsunami is a large sea wave caused by an earthquake.

津波の波は海中を非常に速く進みます。
Tsunami waves travel very fast in the ocean.

津波は、沿岸地域に甚大な被害をもたらすことがあります。
Tsunamis can cause extensive damage to coastal areas.

津波警報が発令されたとき、人々は避難する必要があります。
People need to evacuate when a tsunami warning is issued.

 
>>レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

まとめ

津波 英語 tidal wave tsunami 違い 大津波 津波警報 読み方 例文

この記事では、津波の英語表現とその使用例について学びました。「津波」は英語で、Tsunamiです。複数の津波を指す場合は、Tsunamisとなります。

また、Tidal waveは太陽や月の重力によって引き起こされる波を指しますが、Tsunamiは地震や火山の活動によって発生する一連の水の波を指します。これら2つは異なる現象を指すため、違いをしっかりと理解しておきましょう。

さらに、津波に関する簡単な英語例文や津波を説明するフレーズもいくつか紹介しました。ぜひ、これらの知識を活用して、英語での災害時のコミュニケーションに役立ててください!