1. TOP
  2. 英単語
  3. 日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?

日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?

 2018/02/04 英単語 発音
 
LINEで送る
Pocket

中学生のときに
「win」(勝つ)の過去形の
「勝った」を意味する単語として
「won」を習いましたよね。

この「won」ですが、
発音は“ウォン”
教えられませんでしたか?

実はこの発音、
正しくありません。

一体どこを間違っているのか、
またどんな発音が正しいのかを
具体例を交えて紹介します。

学校で習った「won」の発音は?

「win」の過去形である
「won」ですが、

学校では

「ウォン」
「ウーオン」
「ウォン」

と発音すると
習いませんでしたか?

残念ながら、
この発音ではネイティブには
あなたが何を言おうとしているのか
通じません。

理由はひとつ。

ネイティブは
「won」
「ウォン」とは
発音しないためです!

では
この「won」という単語、

どのように発音するのが
正しいのでしょうか?

発音のポイントは、“one”を意識!

「won」の発音は
どちらかというと
「one」の音に近いため、

「ウォン」ではなくて
「ワァン」 って発音します。

「ワァン」です。

たとえば、
アリゾナ州にある
メジャーリーグの
ベースボールチーム

「D-Bucks」が試合に
勝ったと言いたいときは

どういうのが
正しいのでしょうか?

文章にすると
「D-Bucks won the game」です。

この文の発音は
「ディーバックス ウォン ザ ゲーム」
ではなくて、

「ディーバックス ワァン ザ ゲーム」

という発音になります。

ネイティブに
「ウォン」と発音すると
聞き取ってもらえないことが
あります。

「won」の発音は
「ウォン」でなくて
「ワァン」 だと覚えてください。

「won」は、
発音記号では、
[wʌ́n]と書かれます。

発音の覚え方としては、
「勝ったら1(one)番!」
というイメージで覚えてみましょう!

Wonを使用した例文紹介!

Wonを使用した例文紹介の前に、
Winの意味をおさらいしましょう。

Winの意味は、以下2つです。

1.勝つ
2.勝ち取る

1つ目は、たとえば
We won=「私たちは勝った。」
という意味です。

2つ目は、
「勝ち取る」という意味が
あることを覚えておきましょう。

たとえば、
We won the first prize.
であれば、

「私たちが1位を勝ち取った」
になりますね。

両方の意味を
頭に入れておいてくださいね。

Winの過去形を含んだ例文

早速ですが3つの例文を、
それぞれを日本語に訳してみましょう!

1. He won at chess against me.

2. I won one million yen in the lottery.

3. Who won the silver medal?

どうでしたか?
日本語に訳せましたか?

例文の回答1

1.He won at chess against me.
(彼はチェスで私に勝った)

まず、win
「勝つ」とか「勝ち取る」
という意味ですから、

その
過去形・過去分詞won
「勝った」とか「勝ち取った」
と訳しましょう。なので、

He won
「彼は勝った」
意味します。

at chess
そのまま「チェスで」
となります。

against
「〜に対して」という
意味の前置詞です。

なので、
winで勝った相手を
言いたいときは、
このagainstを使います。

今回は
against meなので
「私に」勝った
ということになります。

例文の回答2

2. I won one million yen in the lottery
(私は宝くじで100万円を勝ち取った)

I won one million yen
目的語があるので、

ここではwon
「勝ち取った」と訳しましょう。

「私は100万円を勝ち取った」
ですね。

lottery
「くじ引き」とか「宝くじ」
というような意味があります。

例文の回答3

3. Who won the silver medal?
「誰が銀メダルを勝ち取ったの?」

まず、
Whoから始まっているので
「誰?」ですね。

Who won…なので
「誰が勝ったの?」
という疑問文です。

the silver medal
「銀メダル」を意味します。

Want と Won’t の発音の違い

発音が似ている単語は
いくつかありますが、

今回はWantとWon’t
注目してみましょう。

どちらも、
非常に発音が似ていて、

さらに地域や話者によって
微妙に発音が異なるのも厄介です。

まずはこの両者の発音の
仕方に注目しましょう。

発音記号をみてみましょう。

「w」の音の後に続く
母音に注目しましょう。

1. want /wάnt/
2. won’t /wóʊnt/

1. want は
/wάnt/ という発音です。

母音は
/ɑ/ という音です。

日本語の
「あ」という音が少し

「お」に近づいたような
音になります。

口の形を少し縦にして
「あ」 の発音をするイメージです。

2. won’t の母音
/oʊ/ という音は
二重母音と呼ばれるもので、

その名の通り、
母音が二つ続きます。

「オゥ」 という
音に近いでしょうか。

どちらも使われ方が異なるので、
後に続く語を聴けば
違いが分かる場合もあります。

例)
1.I want it
(それがほしい)

2.He won’t work
(彼は働こうとしない)

WantとWon’t
聞き分けるコツは、

後に続く語を聞いて
何について語っているかを
汲み取ってみましょう。

日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?まとめ

間違えて習ってしまった発音を
矯正するには正しい発音方法を知って
正しい発音の練習を繰り返し、
完全マスターを目指しましょう。

正しい発音方法を知って
正しい発音で練習する癖をつけ、
英会話をもっと楽しんでくださいね!

動画でおさらい

「日本人が間違えて習っている
「won」の発音。ほんとうの発音は?」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。