1. TOP
  2. 海外留学
  3. ワーホリって何?海外で学校に行って仕事もして休暇も楽しむ!

ワーホリって何?海外で学校に行って仕事もして休暇も楽しむ!

 2016/12/15 海外留学
 
LINEで送る
Pocket

留学や英語に興味がある人は、ワーキングホリデーワーホリという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

聞いたことはあっても、「留学と何が違うの?」「ワーホリって聞くけど、結局はどのような制度なの?」と詳しいことは分からない人は多いはずです。

そんな人たちのために、今回はワーキングホリデーとは何か、どの国に行くことができるのか、どのような経験ができるのか、どのようなことが大切なのかを紹介します。

そもそもワーキングホリデーとは何?

ワーキングホリデーもしくは略してワーホリという言葉を聞いたことがある人は多いかと思いますが、意外とどのような制度か知らない人は多いです。

まずはワーキングホリデー制度を説明します。
ざっくり言ってしまうと、若い人を中心に、海外生活を体験する機会を国同士が協力して支援している制度です。

日本と初めてワーキングホリデー制度を結んだのは1980年オーストラリアが始まりです。

今でも、ワーホリといえばオーストラリアというぐらい人気で、この制度でオーストラリアに語学留学をする人はたくさん山います。

それから現在に至るまでの間に段々と行ける国が増え、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アイルランドなどでも、ワーキングホリデー制度で行くことができます。現在、日本と協定を結んでいるワーキングホリデー協定国は22か国になります。

協定を結んでいる国の中には、もちろん英語圏でない国もあります。韓国、フランス、ドイツ、デンマーク、台湾、香港、ノルウェーなどです。

国によって年間で募集している人数や年齢制限などは異なりますが、多くの人が他国の文化や語学を学べるような素晴らしい制度になっています。

それぞれの国の大使館サイトから、募集要項が載っていますので、気になる国がある方は、まずは自分がその国に行けるかどうか、条件を見てみてください。

何歳まで使える制度?ビザの特徴とは

ワーキングホリデービザを利用できるのは基本的には18歳~30歳までの人が対象です。ビザ申請日に18歳以上で31歳になっていないことが条件です。

オーストラリアは2017年から上限の年齢を35歳まで引き上げるといわれていましたが、現状18歳から30歳までが対象のままになっています。
※参考:在日オーストラリア大使館

また、アイルランドは18歳~25歳と若い人を対象としていましたが、2015年6月より18歳から30歳までが対象となりました。
※参考:一般社団法人ワーキング・ホリデー協会

なお、ワーキングホリデービザは1つの国に対して1度しか使えないビザです。発給上限が決められている国もあれば、申請方法が変更になったりすることもあります。
※参考:日本ワーキング・ホリデー協会

各国の大使館のHPなどを参照し、最新の情報を常にチェックするようにしたいですね。

ワーホリに行って何をする?

では実際、海外に行ってなにをするのか?

まず、ワーホリの特徴は、まずは長期滞在が出来ることです。
どの国も1~2年、同じ国に滞在することができます。

そして、その国で仕事をすることができます。ここが1番の特徴で、旅行ビザや学生ビザとは異なるところです。

なお、国によっては学生ビザでも一定の条件下で就労することは可能な場合もあります。

ワーホリは海外での生活を体験することを支援してくれる制度なので、実際に働いてみて、その国の生活を1~2年体験することができるのです。

また、ワーホリの制度を利用する人の中には、語学力を身につけたいと思い参加する方が多いです。そのため、語学学校に通いながら語学力を磨き、空いた時間で仕事をするという人が多くなっています。

仕事に関しても、各国でどんな仕事ができるのか、支援してくれます。国によって仕事の内容も変わってくるので、もし今回の記事を読んで少しでも興味が出た方は、色々と調べてみて下さい。

募集時期が限られていればそれに合わせる必要がありますし、自分がワーホリに備えるための準備期間などもありますので、制度を知って、自分がどのタイミングで行くべきか、試しに計画してみるのも良いと思います。

また、ワーホリで重要なのは、渡航する目的を明確にしておくことです。

住み始めてどれぐらいの期間でここまで成し遂げること目指そう、というざっくりしたものでも良いです。

いざワーホリが始まると、1年2年あっという間に過ぎてしまいますので、現地でどのような時間を過ごしたいか、どこまで語学力を伸ばしたいのか、自分の中でしっかり考えて、目的や目標設定をしてのぞむことをおすすめします。

まとめ

今回はワーホリの根本的な仕組みから特徴を説明しました。

一言でワーホリと言っても、国によって条件はさまざまです。行きたい国が決まったら、まずは情報収集から始めてみましょう。

海外での生活を体験したいと思っている人には、ワーホリはぴったりです。

しかし、ワーホリでの現地滞在期間は限られています。もし実際にワーホリを検討するのであれば、目的や目標をしっかりと設定することを忘れないでくださいね。

動画でおさらい

ワーホリって何?海外で学校に行って仕事もして休暇も楽しむ!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。